書面添付制度とは何ですか?

書面添付制度とは「申告した財産の評価や納税金額について、どのように財産調査を行い、どのように税理士が関与して申告したかを明確にする」書面となります。

税理士がきちんと内容を確認し、責任をもって申告する旨の書面を税務署に提出する制度であるため、税理士にとってもリスクがあり、相続税申告においては全体の5%も使用されていないと言われております。

広島 相続税申告相談プラザひろしまでは書面添付制度を積極的に活用しています!

書面添付制度を使用することで、お客様の税務調査のリスクが大幅に低減するほか、万一の際に追加で発生する税金(延滞税と過少申告加算税)のうち、後者を免除してもらえるメリットもありますので、お客様にとっては非常に大きな安心となります。
当事務所では、資料確認とお客様からの聞き取り、担当者・税理士のチェックを通じて内容確認を行い、多くの案件で書面添付制度を活用しております。

本当に無料ですか?

お客様の中には、「何を聞いたらいいのかわからない」という方や「何を依頼したら預金の名義変更が進められるのかが分からない」など、困ってはいるけれどそもそも何を相談したら良いかがわからない方も少なくありません。そんな方が、「こんな状態では相談も出来ない」と考え、どこにも相談できずにいるとまったく手続きが進まなくなってしまうことでしょう。
当相談プラザはまずは無料相談で、何をどうしたら良いのかを知っていただうえで、自分でやった方が良い手続きなのか、専門家に任せたら良い手続きなのかを確認していただけたらと思います。

既に手続きを進めている場合でも依頼できますか?

既にお客様の方で戸籍などを集められている場合は、資料を確認させていただき、その資料が使える場合はこちらで同じものを収集する必要はありませんので、お手伝いの費用からお値引をさせていただいております。
当プラザでは、料金表が明確に決まっておりますので、財産の0.5~1%などあいまいな料金体系ではありません。この点も、無料相談で内容をご確認させていただければ、柔軟な対応が可能でございます。お気軽にお尋ねください。